お葬式のマナーについて

お葬式におけるお通夜とは

お葬式におけるお通夜は、最後に亡くなった方と過ごすとても意味のある時間です。そのため、その過ごし方についてはしっかりと心得ておくことが求められます。故人にとってお通夜は生と死の境界にいることになるので、特に重要な時間と考えておくことが求められます。日本では、家族が死んだ場合にはしばらくの間、遺族に対して生きている時と同じように食事を提供するようにされてきました。これは、家族の死を時間をかけて受け入れるためにされてきたものであると言われています。更には、お通夜はこれと同じ意味を持ったものであると考えられています。昔のように長い時間をかけて遺族とお別れをすることはもちろんできないので、お通夜の時間帯にしっかりと自分の中で個人とのお別れをすることが求められます。

最近のお葬式では故人が亡くなった日に仮通夜を家族だけで過ごすことも多くなっています。そして告別式の前日を本通夜として故人と生前に関係のあった方に列席をお願いすることも多くなっています。都心部では通夜に多くの人がやってくることもしばしばなので、告別式と通夜の規模がほとんど変わらないということも多いです。通夜の場合、今までは祭壇などは飾ることもありませんでしたが、最近では告別式と同じように祭壇を通夜の段階から飾ることも増えてきています。

お通夜に訪れた方には通夜ふるまいをするのが一般的です。わざわざ通夜に来てくださった方に料理やお酒をふるまうことをすることが東京では一般的に行われています。しかしながら、これは全国的な慣習ではありません。大阪などではお茶菓子だけを出すことが一般的です。場合によっては食事券を渡すようにしているところもあります。つまり、通夜ふるまいの習慣は地方ごとに色々なパターンがあるということです。また、僧侶による読経と焼香は全国的に同じように行われています。

以上のように通夜のあり方が最近は変わってきており、夜に行われる告別式のような感じにもなってきていますが、あくまでも通夜は家族が故人をお別れをする時間となるので、通夜に列席する場合には、その点を十分に心得ておく必要があります。遺族の辛い気持ちを十分に理解しておいて、温かい態度で遺族の方に接することをつねに心がけておくことが必要です。また、通夜の席において、お酒がふるまわれることもありますが、お酒の勢いによってあまりにもはしゃぎすぎないような気持ちを持っておくことも必要です。

最新投稿